SOL scribble osaka lab. (淀屋橋駅)

施設コンセプト

真っ白な教室に描く、ひとりひとりの学びと好奇心。イメージがホワイトボードから羽ばたきだす。


Scribble(スクリブル)とは、”落書きする、殴り書きする”という意味。壁一面に配されたホワイトボードでは日々たくさんのアイデアが交錯する。ITに特化した実践的なセミナーやスクールをメインに、”社会人の学び”を支援するコワーキングスペース「SOL scribble osaka lab.」。

「知」の交差点


大阪・中之島、大江橋北詰の川沿いのビル。淀屋橋駅すぐの好立地にあるコワーキング・スペース「SOL(scribble osaka lab.)」。単なるコワーキングではなく「学び」をコンセプトにオープンした、ドロップイン型のクリエイティブ・ラウンジです。

淀屋橋北詰は昼夜を通し人通りも多い。オフィスの隣には川が流れる。
社会人の学びに特化した、真っ白な教室。
元々は別会社で、データ分析教育講座などを定期的に開催されていたSOLの前身。今でこそ増えたといいますが、当時2015年の時点では全国でもまだ少なく後れを取っていたプログラミングやAIの分野。当時は尼崎という場所ながら、遠方から企業の人も集まる状況だったそう。その後、場所を市内に移しセミナーやイベントも強化され、最先端の「知」の拠点・社会人の教室として2018年4月にオープンされました。

施設概要

住所 大阪市北区西天満2丁目5-3堂島深川ビル3F
最寄駅 御堂筋線「淀屋橋」駅徒歩6分
ご利用時間 月〜金 10:00〜22:00 / 土 10:00〜19:00 / 日祝休み
ドロップイン あり
入会金 コワーキング:1,500円
月額料金 コワーキング:6,800円円
登記・住所利用 不可
鍵付きロッカー なし
HP https://scrlab.jp

施設・設備

オープンスペース


SOLの顔である、一面のホワイトボード。コンセプトがわかりやすく内装として活きています。

全席ホワイトボード加工がされている、都度アイデアを拾ってくれるテーブル。

会議室


一面ガラスとブラインドで、美しく作られたミーティングスペース、遮音性も高く、常設モニターもあり幅広い用途に利用できる。照明は白色から電球色に調整できるそう、夜の利用にも嬉しい。

ドリンク


無料ドリンクだけではなく、海外ビールなども飲むことが可能。※有料

利用者・メンバー

入居者


経利用者は主に30代のフリーランス、エンジニアやデザイナーから、会社帰りの企業人など。ビジネスにおける便利な立地ゆえに、他県からの出張の際に利用されることもしばしば。今後は企業 の方とフリーランス、スタートアップの方の交流にも力を入れていきたいといいます。
エンジニアから大学の教授まで出入りする。さまざまなエキスパートとに出会えるのもSOLのメリットの一つ。
中井さんに代わり日中は受付スタッフが常駐していて、突然のドロップイン利用も安心。

イベント・セミナー

身近にオープンイノベーションを体験できる、多角的なイベント陣プログラミングを始めとするセミナーや、スタートアップをサポートするイベントやスクール


現在は週末のイベントに、平日夜は初心者向けの講座と毎日のように賑わう。
SOLの特徴は、なんといってもITに特化したセミナーやスクール。データ分析から、海外に比べ 遅れをとっているAI教育・深層学習などの技術習得プログラムに語学、起業家育成、と挙げればきりがない。最近では、プログラミング教育講座(Python初心者講座など)や論文の輪読会などが開催されています。

江橋北詰ほんまもん計画


登壇者との距離が近いのもSOLの魅力。 終了後には交流会も開かれ、より踏み込んだ内容を討論できる。
AI・IoTの分野でのスタートアップ支援に力を入れているのもこちらの特徴。ベンチャーエコシステムの構築を目指し発足された「大江橋北詰ほんまもん計画」というイベント・プロジェクトの開催本部ともなっています。内容は、起業家や支援人材が集まり過去の失敗や克服体験を皆で共有するという、ユニークな切り口のもの。
コンパクトな空間ながら機能的に作られたオフィス。
シンプルながら、建築技術を最大限に活かした内装も魅力のひとつ。談話しやすいテーブル設計など、学びのための工夫は隅々に至ります。 お互いの知識をシェアし、与え合う。
こちらでは専門的なコンテンツを供給しつつも、初心者に優しいコミュニティを目指されています。

日々顔を合わす中では距離も近く、お互いの知識を交換する光景も。

運営者インタビュー

「社会人が学べる場所を作りたい」


こちらを運営するのは、データ分析・AI・デザイン・建築…、と各ジャンルのプロフェッショナル達。この日お話を伺った施設責任者である中井さんは本来会計士であり、会計事務所に籍を置く。平日はデータ分析の講師として登壇される中井さん、大阪で「最先端の専門分野のプラットフォーム」を軸とした社会人が学べる場所を作りたかったといいます。

現在、外国人を対象にした起業相談窓口の開設を目指されています。ホワイトボードというコ ミュニケーションツールを活かし、年齢ジャンル問わず「学び」を共 通項とし生まれる出会い。 ” 書きなぐる”こと、それは周りへのアプローチ、ひいては自らにも新たな発見をもたらすかもしれません。

IT系多数
イベント多数
クリエイター多数
スタートアップ多数
スタートアップ支援
交流会多数
士業多数
〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満2丁目5−3
Request a showing