LOK(谷町六丁目)

「暮らすように働く。」
あえて可視化した空間だからこそ自然と生まれる、居心地の良い距離感

谷町六丁目、大阪の中でも下町情緒が色濃く残る街。
古民家が立ち並び”街”というより”町”といった方がしっくりくるようなこの場所には、近年新しい店や事務所がぽつりぽつりと芽生えています。

 

そんな中のひとつに「LOK」というビルがあります。
建築、不動産を手掛けるリーベンバーグさんによるシェアオフィスです。

 

町に馴染んだ佇まいのこのビルはまるでカフェのようで、コーヒーの匂いなんてしようものなら思わず迷い込んでしまいそう。
何かの標識のようなサインが、ますますここが何の建物なのか、好奇心をくすぐってきます。
その「LOK」に今回お邪魔させていただきました。

ー 谷六という場所に集まる人々

「おはよう」「おつかれさま」
この町に暮らす人々と同じように、人が行き交い挨拶が交わされるLOK。
なぜこちらの場所にシェアオフィスを造られたのでしょう?
オーナーである水谷さんにお話をお聞きしました。

 

暮らすことに関してはなんでもある、でも静かなこの界隈にはもう一つの側面が。
古さと新しさが混在するこの町には、近年様々なクリエイターが集まりひそかに賑わいを見せています。
まさしくそこを狙ったそうで、現在では当初の想定通り家具職人やブランディングデザイナーなどデザイン系の方々、工務店の方などが集まっているそう。
「人が人を呼んでいるなという実感がある」という水谷さん。
面白さを共有できる人達が同じ町を選ぶのは、ごくごく自然なことかもしれません。

 

こちらではオーナー自らが入居者との面談を行い、現在の入居者やこのオフィスによりマッチングするようマネジメントされている。

 

ー 入居者に合わせた内装の工夫

六丁目という町名から容易に想像できる「LOK」という名前には、実はもう一つの思いが。
Living、Office、そしてkitchen。
”暮らすように働く”というコンセプトのもと、オープンされました。

 

十の部屋からなるこのシェアオフィス。
二、三階は各オフィス、そして四階にある共用スペースというつくり。

 

三階には、皆さんおのおの、休憩したりお昼ご飯を食べたり。
まるで止まり木のようなカウンタースペース。

 

ー ”見える”距離

当初、二階は店舗や店舗兼事務所を想定していたそうで、特にガラス面が多い作りに。

 

「部屋のドアをガラス張りにしたことにより自然と人の気配を感じられる雰囲気なので、会話もしやすかったり、見える距離感というのはすごくいいのかな、と感じています。」

 

結果的に人と人との自然な距離感をもたらした、二階オフィス。

 

「事務所としてはちょっとオープンすぎるかな、仕事がしやすいかどうか心配ですが。(笑)」
と笑いながら話してくださいました。

 

ー シェアして楽しむ、といった世界観

それぞれの事情、思いにより、谷六という場所に集まった人々。
どんなお仕事をされ、LOKでどのようにすごしていらっしゃるのでしょうか。

 

スケジューラーで管理されているシェアサイクルは自由に使える。

四階にある共用スペースはLOKTOPというそう。
コミュニティづくりを重視するオーナーさんの思いがたくさん込められたつくりになっています。

 

入居者の方々は常時自由に使えるLOKTOP。
こちら、四階のフロア一面を使っているので、解放感がすごくあり、なによりも明るい。
オーナーさんもこの明るさを生かしたく、思い切ったつくりにされたそう。

 

キッチンには基本の設備は用意されていて、毎日のランチをこちらで作られる方の姿もあれば、こちらの広いスペースを生かして社内のパーティーが行われたりと、日々いろいろな使われ方をしています。

 

時代は変われど、人と人が出会い一番にするのって、「一緒にごはんを食べること」。
往来オフィスにはないもの、キッチンから生まれるものはたくさんありそう。

 

自然光でのお料理はとても楽しそう。

 

このタイルが気に入って、そのままをビルのアクセントに。
おそらく何十年前の青も、新鮮に目に映ります。

 

必要最小限の手を加えて風合いを生かせるのは、設計事務所もされているオーナーさんならでは

 

屋上はまだ未開発なのだそう。
クリエイターが集まるビルの、まだ何もない屋上。
何でもできてしまいそうな気がします

 

全体のお話を通して、水谷さんからは特にコミュニティデザインを大切にされている印象を受けました。

 

何かイベントなどはされているのか?の問いに、
「うまく説明できませんが「この人を紹介したいんです!」の延長があると面白いかなと思っています。」
と話してくれた水谷さん。

 

繋がりがイベント化する、出会いの面白さというものをご存知なのだなと感じました。
人と人が出会って新しいものが生まれるということを、実際に多く体験されている。
それって、教えられるものでもなく設計できるものでもない。
その仕掛けが、「LOK」そのものなのかもしれません。

 

あえて可視化した空間だからこそ自然と生まれる、居心地の良い距離感。

 

小さな谷町六丁目の小さな「LOK」から今後どんなものが生み出されるのか、とても楽しみです。

 

《住所》
大阪市中央区谷町6丁目3ー25

《最寄駅》
谷町線「谷町六丁目」駅徒歩1分)

《ご利用時間》
365日 24時間

《ドロップイン》
不可

《入会金》
オフィス賃料1ヶ月


《月額料金》
個室65,000〜95,000円

《登記・住所利用》
含む

《ロッカー》
なし

《設備》
Wi-fi /複合機 / プロジェクター / ホワイトボード / キッチン / モニター

IT系多数
イベント多数
クリエイター多数
スタートアップ多数
スタートアップ支援
交流会多数
士業多数
〒542-0012 大阪市中央区谷町6丁目3-25 LOK 4階
Request a showing