co-ba nakanoshima (肥後橋)

時を経て、なおも息づく場所の力。
社交サロンからコワーキングという現代のコミュニティへ。

 

時とともに形を変えるコミュニティ、現代のコワーキングもそのひとつ。 中の島の一角に佇む「co-ba nakanoshima」、何十年前に伝説の社交サロンとして人が集まり 賑わっていた場所でもあります。 公認会計士と税理士を本職に持つ二人がつなげる、本来なら交わらないネットワーク。 いつの時代でも人が求める交流の場が、新たな形で息づぎだしています。

コワーキングスペースという形でよみがえった社交場

今だ多くの重要文化財が残る、中之島。

近年では建物の価値を新しく発信する動きも相まって、観光地としての側面でも静かな盛り上 がりを見せています。

そんな中之島の川沿い、数ある近代建築の中でも風情を放つリバーサイドビルディング。

 

「大阪生きた建築ミュージアム」の一つにも数えられています。

登録有形文化財であるこのビル、昭和30年代にはクラブ・リバーサイドという伝説的な社交場 があった場所でもあります。

財界人や各界の著名人らが集まり知的な会話を楽しんだという、いわゆるサロンの様式であっ たクラブ・リバーサイド。

今ではその文化も往年のものとなってしまいましたが、同じこの場所でコワーキングスペース という形で新たに人々が集い出しています。

かつての社交の場を現代の形でよみがえらせたのは、意外にもお堅い雰囲気のスーツ姿のお二人。

オープンより数か月、本業に運営にと息つく暇もないお二人にお時間をいただきお話を伺いました。

細長いフロアを挟むのは、見通しの良い川沿いの風景。

こちらを運営するのは公認会計士と税理士の肩書をお持ちのお二方。

2018年7月に、会計事務所の同期だったという走出(はしりで)さんと、巳波(みなみ)さん が立ち上げられました。

実はこのco-ba、全国に24拠点もあるのです。


全国に拡がる「co-ba network」

「co-ba」は株式会社ツクルバによる、フランチャイズ形式のコワーキング・シェアオフィス。
それぞれ個性的なオーナーが運営しており、会員であれば全国24ケ所のco-baを飛び込み利用できるシステム。

住所利用されることが多く、立地的にも価値のあるco-ba nakanoshima。

出会いの必要性を自らが感じ、立ち上げたco-ba nakanoshima

本業も順調でただでさえ多忙なお二人が、なぜコワーキング運営を始められるに至ったのでしょう?

会計士として事業再生に携わる中、コストカットなど数値面でのサポートでは根本的改善にな らないと、行き詰まりを感じていたという巳波さん。

「人や会社を紹介したり新しい風を入れることができたら、より会社を良くすることが出来るんじゃないか。」

そういったコンセプトが背景にあったそう。 一方で、自分なりの社会貢献を考えていたという走出さん。

「ひとりで出来る事には限界がある。」といいます。

本職が円熟しているからこそ、外との関わりの必要性を感じたそう。

走出さんと巳波さん写真 お二方がこちらに常駐することはあまりないそうですが、士業ならではの記帳代行やなんでも相談などのオプションプランもあり、とても心強い。

以前は異業種の人と出会うことはほとんどなく人間関係も限定的で、独立してもそれはあまり変わらなかったそう。

こちらを始められてからは格段に繋がりが増えたといいます。

コワーキングを運営することにより、本業に関しても人脈を促すことができ、そのまた逆も然り。

普通なら交わることがない二つのネットワークがco-ba nakanoshimaにより入り混じり、拡がり出しています。

 

さりげなくも細部に至ってまで作り込まれた空間

こちらの内装は、クルーズ船などの内装も手掛けられるイチミリデザインさんによるもの。

天井とか特徴的なとこ 建築の観点から見ても隙のないデザインとなっています。

無駄のないデザインながら、エッジの効いたものに。
可動式のホワイトボード、イベント時などはプロジェクター投影版として。

細長い空間、無駄なく取られたワークスペース。

川を眺めながらの作業は、心の余裕をもたらしてくれそう。

リバーサイドの夕陽は毎日を特別なものにしてくれそうです。

普段はスタッフの鍋野さんが受付から全般の業務をされています。
そして、初対面の人にも人見知りせず無敵の笑顔を振りまく小さな鍋野さんも。

co-baの”看板赤ちゃん”、鍋野うりちゃん。日々赤ちゃんの成長を見られる貴重なコワーキングスペース。

さまざまなコンテンツを通して、情報共有の場を提供

こちらでは士業ならではのネットワークを生かした専門的なセミナーから、読書会にワインに お片付け講習などカジュアルなものまで幅広く開催されています。

大人の好奇心をくすぐられるようなイベントの中で、緩やかなコミュニティが拡がっています。


イベントスペースとしての貸し出しも。雰囲気は抜群です。

Co-ba networkによる各地からの乗り入れの方も利用されるので、大阪に居ながら全国的な交流を持てるのもこちらの利点の一つ。

現在はフリーランスの方々がメインだそう。

大企業が軒を連ねる中之島という場所柄、組織人やサラリーマンにも利用してほしいと言います。

職種や雇用形態問わない出会いの中で、情報交換し各々が高め合っていく。
それはまた、今まで知らなかった自分自身との出会いにもなり得る。

「色んなことをしてみたいし色んな人に会ってみたいが、どうしたらいいかわからない、誰に会えばいいのかわからない。」

そんなぼんやりとした、でもなんだかワクワクする自分の中の”想い”をかたちにできる場にしたいと話す巳波さん。

「どんどん楽しいこと、やっていきましょう」と話してくださった走出さん。 普通なら交わることがない二つのネットワークがco-ba nakanoshimaにより入り混じり、拡がり出している。
お二人の想いは、着々とかたちになりつつあるようです。

 

《住所》
大阪府大阪市北区中之島3

《最寄駅》
四ツ橋線「肥後橋」駅徒歩5分)

《ご利用時間》
月〜金 9時〜22時 / 土 9時〜18時 / 日・祝 休み

《ドロップイン》
可能        /       料金 3時間 1,000円(上限1,500円)

《入会金》
10,000円

《月額料金》
全日プラン 10,000円 /   ホリデーナイトプラン 5,000円
※個室・固定席は無し

《登記・住所利用》
5,000円

《鍵付きロッカー》
3,000円

《郵便BOX》
1,000円

IT系多数
イベント多数
クリエイター多数
スタートアップ多数
スタートアップ支援
交流会多数
士業多数
住所: 大阪府大阪市北区中之島3丁目1-8リバーサイドビル2F
Request a showing